公開中のアドイン

アドインのダウンロード

RootPro CAD API を利用したアドインを公開しております。

作図やアドインの作成にご利用ください。

線を結合して連続線に変換

端点で接している、線分、連続線を結合して、連続線を作成します。

アドインのインストール方法
アドインをインストールする手順は、以下のページをご覧ください。
  アドインの使い方 (Ver9 の場合)
  アドインの使い方 (Ver8 の場合)
  アドインの使い方 (Ver7 の場合)
  アドインの使い方 (Ver6 以前の場合)

 

■「線結合」の実行方法

  1. メニューの [アドイン] から [線結合] を選択します。
  2. 線結合をする 1 つめの図形をクリックし、次に端点で接している 2 つめの図形をクリックします。
linejoin.gif

連続印刷

複数の図面ファイルを指定して、連続して印刷を実行します。

アドインのインストール方法
アドインをインストールする手順は、以下のページをご覧ください。
  アドインの使い方 (Ver9 の場合)
  アドインの使い方 (Ver8 の場合)
  アドインの使い方 (Ver7 の場合)
  アドインの使い方 (Ver6 以前の場合)

 

「連続印刷」を実行する方法

  1. メニューの [アドイン] から [連続印刷] を選択します。
  2. [連続印刷] ダイアログボックスの [ファイルの追加] をクリックして、印刷する図面ファイルを選択します。
  3. [プリンター] [印刷設定] の内容を確認して、[印刷実行] ボタンをクリックします。

 

Excel から連続線の座標を読み込む(Excel 連携)

Microsoft Office の Excel から、座標値を読み込み連続線を作図します。

アドインのインストール方法
アドインをインストールする手順は、以下のページをご覧ください。
  アドインの使い方 (Ver9 の場合)
  アドインの使い方 (Ver8 の場合)
  アドインの使い方 (Ver7 の場合)
  アドインの使い方 (Ver6 以前の場合)

 

■ 「Excel から連続線の座標を読み込む」を実行する方法について    

  1. メニューの [アドイン] から [Excel から連続線の座標を読み込む] を選択します
  2. 座標値の入った、Excel ファイルを指定します

※ サンプルは、Microsoft Excel 2007 以降がインストールしているコンピュータで利用できます。インストールされていない場合は、実行時にエラーとなります。

インストールされている Excel のバージョンによってエラーが起きる場合は、Visual Studio でプロジェクトファイルを開いて、[参照設定] - [参照の追加] から、[COM] - [Microsoft Excel xx Object Library] の所定の xx バージョンを追加して、ビルドしてアドインをご利用下さい。

EXCEL 連携

三角形

三角形の一辺となる線分と、辺の長さや角度を指定して、三角形の残りの二辺を作成します。

アドインのインストール方法
アドインをインストールする手順は、以下のページをご覧ください。
  アドインの使い方 (Ver9 の場合)

 

「三角形」を実行する方法

  1. メニューの [アドイン] から [三角形] - [三角形] を選択します。
  2. 三角形の一辺となる線図形をクリックします。
  3. コマンドウィンドウで [辺の長さ 1] を入力し、キーボードの Enter キーを押して入力を完了します。
  4. コマンドウィンドウで [辺の長さ 2] を入力し、キーボードの Enter キーを押して入力を完了します。
  5. 最初に入力した線図形のどちら側に作図するかを表す [方向点] を図面上の点をクリックして入力します。

※角度を入力して三角形を作成したい場合は、コマンドウィンドウの [辺の長さ 1] の左右に表示されている矢印をクリックして、[辺の長さ] を [端点の角度] に切り替えて入力します。

 

Triangle1.png

日影図

建物の高さに対してできる影の様子を日影図として表すことができます。建物のある緯度と調べたい季節を選ぶことで、自動的に影の形を描きます。
このアドインは、RootPro CAD Ver9 以降に対応しています。

アドインのインストール方法
アドインをインストールする手順は、以下のページをご覧ください。
  アドインの使い方 (Ver9 の場合)

 

■ 日影図アドインの実行方法

  • アドインをインストールすると、日影図のドッキングウィンドウが表示されます。
  • 日影図ウィンドウの [使い方] をクリックすると、日影図アドインの使い方が書かれた図面ファイルが開かれます。
  • 日影図ウィンドウを閉じた後に再度表示したい場合は、[表示] - [ユーザー定義ウィンドウ] メニューから表示できます。

 

 

マウスホイール反転

マウスホイールを前方向に回転させると通常ズームインするところをズームアウト、後ろ方向に回転させると通常ズームアウトするところをズームインするように変更します。

RootPro CAD Ver6 以降は、標準機能に含まれています。オプションダイアログボックスの [入力] ページで設定できます。

アドインのインストール方法
アドインをインストールする手順は、以下のページをご覧ください。
  アドインの使い方 (Ver8 の場合)
  アドインの使い方 (Ver7 の場合)
  アドインの使い方 (Ver6 以前の場合)

 

連続線編集

線分、連続線の頂点の追加、連続線の頂点の削除を行います。

RootPro CAD Ver7 以降は、標準機能に含まれています。[編集] - [点列] メニューから実行してください。

アドインのインストール方法
アドインをインストールする手順は、以下のページをご覧ください。
  アドインの使い方 (Ver7 の場合)
  アドインの使い方 (Ver6 以前の場合)

 

「連続線編集」の実行方法

  1. メニューの [アドイン] から [連続線編集] を選択します。
  2. コマンドウィンドウで [編集タイプ] を 選びます。
  3. 頂点を追加/削除したい図形を指定します。
  4. 追加/削除する頂点を指定します。
  5. ※追加の場合は、コマンドウィンドウの [追加位置] で追加する頂点の位置を選択します。

    editpolyline.gif

文字列の検索、置換

カレント部分図にある、文章図形、属性名、属性値の文字列の検索と置換を行います。
また、検索は、検索に該当した図形を選択状態にします。

RootPro CAD Ver8 以降は、標準機能に含まれています。[編集] - [検索と置換] メニューから実行してください。

アドインのインストール方法
アドインをインストールする手順は、以下のページをご覧ください。
  アドインの使い方 (Ver7 の場合)
  アドインの使い方 (Ver6 以前の場合)

 

文字列の検索、置換を実行する方法

  1. メニューの [アドイン] から [文字列の検索・置換] を選択します。
  2. [文字列の検索・置換] ダイアログボックスが表示されますので、[検索文字列] の欄に検索する文字を入力します。
  3. 検索する場合は、[検索] ボタンをクリックします。
  4. 文字列の置換を行う場合は、[置換文字列] の欄に置き換える文字を入力し、[置換] ボタンをクリックします。
    ※必要に応じて [大文字小文字を区別する] のON・OFF や、[検索・置換対象] をお選びください。
アドイン文字列の検索・置換ダイアログ

UNDO/REDO 実行時に図形を選択状態にする

UNDO/REDO を実行した時に、追加/変更された図形を選択状態にします。

アドインのインストール方法
アドインをインストールする手順は、以下のページをご覧ください。
  アドインの使い方 (Ver9 の場合)
  アドインの使い方 (Ver8 の場合)

 

コンテンツの配信