Ver8、Ver7 形式のアドインを Ver9 形式にアップグレードする

RootPro CAD Ver8、Ver7 で作成したアドインを、RootPro CAD Ver9 で使用するためには、以下の手順でアップグレードを行う必要があります。

Ver6 以前の形式のアドインを Ver9 形式にアップグレードしたい場合は、以下のページの手順でご確認ください。
Ver5、Ver6 形式のアドインを Ver8 形式にアップグレードする手順
Ver3、Ver4 形式のアドインを Ver5 形式にアップグレードする手順

 

  1. RootPro CAD Professional を起動して、[アドイン] - [Visual Studio を起動] メニューをクリックする
    Visual Studio が起動します。
  2. Visual Studio の [ファイル] - [プロジェクトを開く] メニューをクリックして、アドインプロジェクトのソリューションファイル (.sln) を選択する
  3. [プロジェクト] - [(プロジェクト名)のプロパティ] メニューをクリックして、プロジェクトの設定画面を表示する
  4. [アプリケーション] の [対象のフレームワーク] を [.NET Framework 4.6] に変更する
    「Visual Studio 2013」で、このボックス内に [.NET Framework 4.5] 以前のバージョンしか表示されていない場合は、「.NET Framework 4.6 Targeting Pack」をダウンロードしてインストールしてください。
    「.NET Framework 4.6 Targeting Pack」のダウンロード
    ※すでに .NET Framework 4.6 が選択されている場合は、変更する必要はありません。
  5. [ビルドイベント] の [ビルド後イベントのコマンドライン] に書かれている記述を削除して、以下の内容に変更する
    cscript "$(ProjectDir)InstallAddIn.js" "$(TargetDir)" "$(TargetName)"

    ※すでに同じ内容のコマンドが書かれている場合は、変更する必要はありません。

  6. [デバッグ] の [外部プログラムの開始] を選択して右側の [...] をクリックする
    [ファイルの選択] ダイアログボックスが表示されます。
  7. RootPro CAD がインストールされているフォルダ内の RootProCAD.exe を選択して、[開く] をクリックする
    通常は、"C:\Program Files\RootPro CAD 9 Professional\RootProCAD.exe" です。
  8. ソリューションエクスプローラーで InstallAddIn.js をダブルクリックしてファイルを開いて、以下のコードに変更する
    現在のコードをすべて選択して削除した後、以下のコードをコピーして貼り付けてください。

    if (WScript.Arguments.length != 2) WScript.Quit(-1);
     
    var wshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
    var fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
     
    var docPath = wshShell.SpecialFolders("MyDocuments");
    var addInsPath = fso.BuildPath(docPath, "RootPro CAD\\AddIns");
     
    var sourcePath = fso.BuildPath(WScript.Arguments(0), "*");
    WScript.Echo(sourcePath);
    var targetPath = fso.BuildPath(addInsPath, WScript.Arguments(1));
    WScript.Echo(targetPath);
     
    var command = "xcopy \"" + sourcePath + "\" \"" + targetPath + "\\\" /e /y"
    WScript.Echo(command);
    var exec = wshShell.Exec(command);
     
    while (exec.Status == 0) WScript.Sleep(100);
     
    var execStat = "";
    while (!exec.StdOut.AtEndOfStream) {
        execStat += exec.StdOut.ReadLine();
        execStat += "\n"
    }
    WScript.Echo(execStat);
     
    WScript.Quit();

 

【C# アドインプロジェクトの場合】

  1. ソリューションエクスプローラーで [参照] を開いて RootPro.RootProCAD.Library.v8 を選択して、右クリックメニューの [削除] をクリックします。
    ※Ver7 のアドインプロジェクトの場合は、RootPro.RootProCAD.Library.v7 を選択して削除してください。
    ※Ver6 のアドインプロジェクトの場合は、RootPro.RootProCAD.Library.v5 を選択して削除してください。
  2. さらに、右クリックメニューの [参照の追加] をクリックして、参照マネージャーを表示します。
  3. 右下の [参照] ボタンをクリックして、ドキュメントフォルダ内の RootPro CAD\References フォルダを表示します。
  4. そのフォルダ内の RootPro.RootProCAD.Library.dll を選択して、[追加] をクリックします。
  5. [OK] ボタンをクリックして、参照マネージャーを閉じます。
  6. [ファイル] - [すべて保存] メニューをクリックします。

 

【VB アドインプロジェクトの場合】

  1. [プロジェクト] - [(プロジェクト名)のプロパティ] メニューをクリックして、プロジェクトの設定画面を表示します。
  2. [参照] をクリックして参照の一覧を表示します。
  3. 参照の一覧で RootPro.RootProCAD.Library.v8 を選択して、[削除] ボタンをクリックします。
    ※Ver7 のアドインプロジェクトの場合は、RootPro.RootProCAD.Library.v7 を選択して削除してください。
    ※Ver6 のアドインプロジェクトの場合は、RootPro.RootProCAD.Library.v5 を選択して削除してください。
  4. [追加] をクリックして、参照マネージャーを表示します。
  5. 右下の [参照] ボタンをクリックして、ドキュメントフォルダ内の RootPro CAD\References フォルダを表示します。
  6. そのフォルダ内の RootPro.RootProCAD.Library.dll を選択して、[追加] をクリックします。
  7. [OK] ボタンをクリックして、参照マネージャーを閉じます。
  8. [ファイル] - [すべて保存] メニューをクリックします。

 

【アドインプロジェクトのビルド(C#、VB)】

  1. [ビルド] - [ソリューションのビルド] メニューを選択すると、ビルドが行われてアドインファイル (.dll) が生成されます。
  2. [デバッグ] - [デバッグ開始] メニューを選択します。RootPro CAD Professional が起動されるので、アドインが動作することを確認します。