■ 描画と作図処理の高速化を実現

描画処理の最適化により、描画速度が向上しました。

◆ 主な変更点

  • プログラム内部のオブジェクトの切替えや生成の回数を最小限に変更。
  • 線図形のデータをメモリ中にキャッシュし、描画処理を高速化。
  • 再作図の頻度を減らし、再作図処理を高速化。
  • イメージの表示を高速化。

作図編集を効率的にする処理を行いました。

◆ 主な変更点

  • 図形の選択時の処理を改善。
  • ドラッグ描画の高速化。
  • 選択時のプロパティウィンドウ表示を高速化。
  • 図形更新処理を高速化。
  • コマンド実行時の図形選択を高速化。
ページトップへ