既定値の設定を図形に反映するスクリプト

選択している図形の設定を、その図形タイプの既定値設定に変更するスクリプトのサンプルコードです。
[ユーザー設定] ダイアログボックスで、図形選択中の右クリックメニューにスクリプトを追加することができます。

 

■ スクリプトのインストール方法

  1. 以下のリンクからスクリプトファイル(拡張子 .zip)をダウンロードする
  2. RootPro CAD の [スクリプト] メニューの [スクリプトのフォルダーを開く] をクリックして、スクリプトのフォルダーを表示する
  3. ダウンロードした圧縮ファイル(拡張子 .zip)を解凍して、既定値の設定を図形に反映する.csx ファイルをスクリプトのフォルダーへコピーする

 

■ スクリプトの動作を確認する

  1. RootPro CAD を起動する
  2. 既定値設定に変更したい図形を選択する
  3. [スクリプト] メニューの [既定値の設定を図形に反映する] を実行する
    選択している図形の設定が既定値設定に変更されます。
// 現在の図面を取得する
var doc = Application.ActiveDocument;
 
// 選択されている図形を取得する
var selectedShapes = doc.SelectionManager.SelectedShapes;
 
// UNDO 処理を開始
doc.UndoManager.BeginUndoUnit();
 
// 選択図形のタイプ毎に既定値を反映する
foreach(SelectedShape selectedShape in selectedShapes)
{
    // 一般図形の場合
    if(selectedShape.Shape is BasicShape)
        doc.BasicShapeSettings.CopyToShape(selectedShape.Shape);
    // バルーンの場合
    else if(selectedShape.Shape is BalloonShape)
        doc.BalloonSettings.CopyToShape(selectedShape.Shape);
    // 寸法の場合
    else if(selectedShape.Shape is DimensionShape)
        doc.DimensionSettings.CopyToShape(selectedShape.Shape);
    // ハッチングの場合
    else if(selectedShape.Shape is HatchShape)
        doc.HatchSettings.CopyToShape(selectedShape.Shape);
    // 引き出し線の場合
    else if(selectedShape.Shape is LeadShape)
        doc.LeadSettings.CopyToShape(selectedShape.Shape);
    // 点の場合
    else if(selectedShape.Shape is PointMarkerShape)
        doc.PointMarkerSettings.CopyToShape(selectedShape.Shape);
    // 文章の場合
    else if(selectedShape.Shape is TextShape)
        doc.TextSettings.CopyToShape(selectedShape.Shape);
}
 
// UNDO 処理を終了
doc.UndoManager.EndUndoUnit();
ダウンロードサイズ
既定値の設定を図形に反映する.zip598 byte