印刷時に図形の色を変更するスクリプト

印刷時に図形の色を変更するスクリプトのサンプルコードです。印刷実行時、印刷プレビュー時に 1 図形ごとにスクリプトが実行されます。
あらかじめ、印刷設定のモノクロ印刷をオフにしておく必要があります。

 

■ スクリプトのインストール方法

  1. 以下のリンクからスクリプトファイル(拡張子 .zip)をダウンロードする
  2. RootPro CAD の [スクリプト] メニューの [スクリプトのフォルダーを開く] をクリックして、スクリプトのフォルダーを表示する
  3. ダウンロードした圧縮ファイル(拡張子 .zip)を解凍して、Document.ShapePrinting フォルダーをスクリプトのフォルダーへコピーする

 

■ スクリプトの動作を確認する

  1. RootPro CAD を起動する
  2. 印刷設定でモノクロ印刷をオフにする
  3. 印刷を実行する
    「補助線」という名前のレイヤの図形は印刷しないようになります。
    寸法図形は赤色、文字図形は青色で印刷します。

 

// 現在の図面を取得する
var doc = Application.ActiveDocument;
 
// ShapePrinting イベントのパラメータを取得する
var e = (ShapePrintingEventArgs)EventArgs;
 
// 補助線レイヤの図形は印刷しないで、寸法図形は赤色、文字図形は青色で印刷します。
Shape shape = e.Shape;
if(doc.LayerTable.GetLayerByID(shape.LayerID).Name == "補助線")
{
    e.Cancel = true;
}
else if(shape is DimensionShape)
{
    ((DimensionShape)shape).ColorNumber = 2;
}
else if(shape is TextShape) 
{
    ((TextShape)shape).ColorNumber = 4;
}
ダウンロードサイズ
Document.ShapePrinting.zip539 byte