Excel から連続線の座標を読み込む(Excel 連携)

Microsoft Office の Excel から、座標値を読み込み連続線を作図します。

アドインのインストール方法
アドインをインストールする手順は、以下のページをご覧ください。
  アドインの使い方 (Ver9 の場合)
  アドインの使い方 (Ver8 の場合)
  アドインの使い方 (Ver7 の場合)
  アドインの使い方 (Ver6 以前の場合)

 

■ 「Excel から連続線の座標を読み込む」を実行する方法について    

  1. メニューの [アドイン] から [Excel から連続線の座標を読み込む] を選択します
  2. 座標値の入った、Excel ファイルを指定します

※ サンプルは、Microsoft Excel 2007 以降がインストールしているコンピュータで利用できます。インストールされていない場合は、実行時にエラーとなります。

インストールされている Excel のバージョンによってエラーが起きる場合は、Visual Studio でプロジェクトファイルを開いて、[参照設定] - [参照の追加] から、[COM] - [Microsoft Excel xx Object Library] の所定の xx バージョンを追加して、ビルドしてアドインをご利用下さい。

EXCEL 連携